トラック売却時の必要書類

「しばらく乗っていないトラックがある」という方の中には、
「この際、売却してしまおう」とお考えの方も多いでしょう。
トラックを維持していれば、維持費などもかかることになりますから、
今後乗る予定がないのであれば手放してしまった方が経費削減をすることが出来るでしょう。
 

 

では、トラックを売却する際には、どういった書類が必要となるのかご紹介しましょう。
中古トラックを売却する際には、様々な書類が必要となります。
この書類が整っていなければ、その分手続きが滞ってしまうことになりますから、
事前に準備で来るものは準備しておいた方が良いですよ。
どういった書類が必要になるかというと、
自動車検査証や自賠責保険証明書、自動車納税証明書、
印鑑証明書、譲渡証明書や委任状などが必要となります。
これらの書類が揃っていれば、その日のうちに取引が完了することも出来ますから、
「すぐにでも、売却費用が欲しい」という方は、事前に準備しておくと良いですよ。
「自賠責保険証が見当たらない」「自動車検査証をなくしてしまった」という方などは、
事前に再発行の手続きをしておくと良いでしょう。
まずは、これらの書類があるかチェックしてみましょう。

 

このように、トラックを売却する際にはこれらの様々な書類が必要となります。
早めに手続を進めたいと考えている方は、事前に準備しておくことで、
その日のうちに取引完了させることも出来ます。
書類の紛失や破損などがある方は、査定前に準備しておくと安心。
書類に不安がある方は、事前に買取業者に確認しておくと良いですよ。