海外のルート

日本では、数年乗った車、走行距離を走った車というのは買い替えをする方が多いですよね。
トラックも同様に、
「そろそろ、買い替えをしよう」と考えている方がいると思います。
年式の古いトラックや走行距離を走ったトラックであれば、
「廃車にしよう」と思われる方が多いでしょう。
しかし、その前に買取専門店に持ち込んでみませんか。

 

日本では、
「これは、もう古いだろう」
「これだけ走ったトラックであれば、安全に乗れないだろう」
と思いようなトラックでも、
海外ではとても需要が高いトラックがあります。
そのため、海外にルートを持っている買取専門店に持ち込んだ場合、
かなり高い査定額が付けられることがあるんですよ。
海外では、
「日本車は、丈夫」と言われており、
どんなに古い年式でも、走行距離を走っている車でも、
「欲しい」という方が多いということ。
見るからにボロボロなトラックであっても、
ひとつひとつの部品に価値があることもあります。
部品として利用する際には、
それほど高い査定額は期待出来ませんが、
廃車費用をかけるのではなく、

売却費用が入ればこれは嬉しいですよね。
海外で日本車に人気があるということは、
売却時にも嬉しい効果があるということ。

 

このように、中古トラックを売却する際には、
売却したトラックが海外で活躍する可能性もあるということ。
トラック全体ではなく、部品だけがどこかの国で、
また誰かの車の部品として活躍することもあるでしょう。
廃車するしかないと思っていたトラックに、
価値があるとわかればやはり嬉しいものではないでしょうか。